お知らせ・ブログnews & blog

千葉県千葉市の弁護士事務所 法律事務所シリウス > お知らせ・スタッフブログ > ブログ > 報道関係者向け企画「居酒屋日弁連」で,菅野亮弁護士及び虫本良和弁護士が「人質司法」について話しました

報道関係者向け企画「居酒屋日弁連」で,菅野亮弁護士及び虫本良和弁護士が「人質司法」について話しました

2019.03.29ブログ

 日弁連は,定期的に報道関係者向けに居酒屋日弁連という企画を開催し,その時々で話題になっている司法関連のテーマをとりあげています。
 今回のテーマは,刑事司法関連のテーマとなりましたので,当事務所の菅野亮弁護士及び虫本良和弁護士が,「人質司法」について話をしました。
 日産ゴーン事件等で,最近は,「人質司法」という言葉がニュース等でも多く取り上げられるようになりました。この言葉は,日弁連において1997年から,私たちの依頼者が人質になっている状況では弁護活動も十分行うことができない,という問題点を表す言葉として使われ出した言葉です。
 勾留請求の却下率や保釈許可率が上昇したとは言われていますが,まだまだ,長期間・接見禁止(弁護人以外の人とは面会・手紙のやり取り等もできない状況となります。)のまま勾留されている事件も多くあります。
 刑事弁護人として,人質司法を変えるための努力を続けたいと考えています。

★千葉市の弁護士事務所『法律事務所シリウス』より★