お知らせ・ブログnews & blog

裁判員裁判に対応するための法廷弁護技術

2013.11.07ブログ

 10月25日,26日,千葉県弁護士会主催の裁判員裁判のための法廷弁護技術研修に参加しました。

 裁判員裁判では一般市民も裁判に参加するため,弁護人側の主張をわかりやすく伝え,説得し,そして共感してもらう力がこれまで以上に必要になります。
 なお,当事務所では,刑事事件を多く扱うため,法廷技術研修を複数回受講することが義務化されており,当職も法廷技術については3回目の受講となります。

 今回の研修の講師は,後藤貞人弁護士(大阪弁護士会),高野隆弁護士(東京第二弁護士会),松山馨弁護士(さいたま弁護士会),菅野亮弁護士(千葉県弁護士会・当事務所所属)です。刑事弁護の経験豊富な講師の講義や講評は非常に実践的で有益でした。

 また,今回の研修は,千葉地方裁判所の協力を得て,実際の裁判員法廷を使用することもできました。実際の事件をベースにした模擬教材を使い,法廷で尋問等を行い,その場で講師から講評を受けることは臨場感もあり,貴重な経験でした。
  
 今後の裁判員裁判において,今回の経験を活かしてまいります。

                      報告者 岡本