お知らせ・ブログnews & blog

定期実務研修報告

2013.03.12ブログ

 2月14日,15日,法テラス主催の定期実務研修に参加してまいりました。
 今回の研修では,民事弁護演習と刑事弁護演習が主に行われました。

 民事弁護演習では,実際の事件を元にした課題を使って,法律相談時の注意事項,受任の可否における判断,方針選択を検討しました。
 また,同一の事件を題材に,進行状況に応じ,相手方主張の弾劾手段の検討や弾劾証拠を提出する時期の検討,確定判決に基づく債権執行を行う際の添付書類の内容等の検討を行いました。
 この演習では,少人数のグループに分かれ,各検討事項についてグループディスカッションを行い,受講者の意見交換を積極的に行いました。
 また,実際の事件を題材にしていることからも,非常に実践的な内容の研修となり,今後の実務において,大変有益な研修となりました。

 刑事弁護演習においては,模擬の初回接見の実演が中心的に行われました。
 受講者1人1人が弁護士役として,実演をし,日本を代表する先生方から講評を受けるものでした。有名な先生を被疑者役として接見することは,非常に緊張をし,この実演を他の受講者にみられるのは,恥ずかしくもありました。
 実演後,先生方から具体的な改善点を指摘していただき,実務に直結する指導を頂くことができました。また,他の受講生の接見を傍聴することによって,自分の視点に足りない点を実感する良い機会になり,大変勉強になりました。

 民事実務演習・刑事実務演習共に,実践的な内容となっており,今後の実務において,今回の研修の経験を最大限に活かしていきたいと思います。
                              報告者 岡本