お知らせ・ブログnews & blog

交通事故を起こした場合、加害者にはどんな責任がありますか。

よくあるご質問交通事故

交通事故の加害者は、一般に次の3つの責任を問われます。

刑事責任

法律に違反したことに対して、国から刑罰を科されるという意味での責任です。
不注意によって交通事故を起こし、被害者に傷害を負わせた場合には、業務上過失傷害等の罪に問われ、罰金刑・懲役刑等の刑罰が科されます。

民事責任

交通事故によって被害者に与えた損害を弁償しなければならないという意味での責任です。
被害者の損害には、大きく分けると人的損害(怪我の治療費、慰謝料等)と物的損害(相手自動車の修理代等)があり、加害者は過失割合に応じてこれを弁償しなければなりません。

行政責任

公安委員会から運転免許の停止・取消等の処分がなされるという意味での責任です。
その他、公務員の方が加害者となった場合に、懲戒解雇や減俸等の処分がなされることもこの行政責任の一つです。