取扱業務 – 交通事故service

千葉県千葉市の弁護士事務所 法律事務所シリウス > 相談事例 > 交通事故 > 購入したばかりの新車をぶつけられてしまいました。

購入したばかりの新車をぶつけられてしまいました。

相談内容

 私は,先日,1ヶ月前に購入したばかりの自動車を運転しているとき,追突事故に遭って車が壊れてしまいました。
 修理費用については,相手の加入していた保険から全額支払われるとのことですが,新車だったはずが,修理歴のある車になり,市場価値も下がってしまうと思います。
 納得ができないのですが,何か修理費用以外の請求はできないのでしょうか?

結果・回答

 購入して間もない新車が事故に遭った場合,自動車の評価額が下がったとして,「評価損」という損害を請求できる場合があります。
 実際に評価損の請求が認められるかどうかは,自動車を購入してから交通事故までの期間や走行距離,車種などによっても変わってきます。また,事故による自動車の損傷が車体の骨格部分にまで及んでいるかどうかが問題となることもあります。
 評価損として請求が認められる金額は,修理費用の1割~3割程度になることが多いとされています。

ポイント

 評価損については,通常,保険会社側から自発的に提示をされることはなく,被害に遭った側が請求をしなければ,そもそも交渉の俎上にも乗りません。
 また,交渉段階では,保険会社が評価損の支払を簡単に認めないことも珍しくありません。
 相談事例のように,購入後間もない新車で事故に遭った場合には,評価損を請求できるケースが多いので,一度,弁護士にご相談ください。

★千葉市の弁護士事務所『法律事務所シリウス』より★