取扱業務 – 交通事故service

死亡事故の慰謝料が低すぎる。

相談内容

 私は,交通事故で大事な家族を失いました。

 保険会社から,慰謝料の支払呈示を受けましたが,金額に到底納得できません。

 十分な慰謝料の支払を受けるには,どうしたらよいでしょうか。

結果・回答

 交通事故で死亡した被害者の方の慰謝料は,訴訟を起こした場合に認められる目安が2000万円~2500万円程度とされています(ただし,一家の支柱と考えられるような人物の場合には,目安が増額します。)。

 ご相談頂いた事例では,交渉段階で,保険会社から上記の目安を下回る慰謝料の支払が提示されていました。その後,弁護士が依頼を受けて民事訴訟を起こした結果,交渉段階よりも数百万円程度上乗せされた慰謝料の支払が得られました。

 

ポイント

 交通死亡事故の場合の慰謝料は,裁判を起こした場合に認められる金額の目安が存在します。交渉段階では,その金額よりも低い金額が保険会社から提示されることが多いため,訴訟等により増額が得られないか十分に検討する必要があります。

 また,訴訟を起こした際の目安も明確な金額が定まっているものではなく,一定の幅を持った目安となっています。そのため,訴訟を起こした際には,亡くなった被害者の生前の様子などを証拠にまとめて,適切な慰謝料の支払が得られるように主張・立証を充実させていくことを目指します。