取扱業務 – 交通事故service

人身傷害保険の支払を治療中に打ち切られてしまいました。

相談内容

 私は,交通事故の被害に遭いましたが,相手の自動車が逃走してしまったため,事故の相手に対する損害賠償請求ができない状況でした。

 そのため,私自身が加入している自動車保険の特約に付けていた人身傷害保険を使って,治療費等の支払を受けていました。

 ところが,治療が半年に及んだ際,保険会社から,治療費等の支払を打ちきる旨を告げられてしまいました。私としては,まだ痛みがあり,医師からも治療費が必要と聞いているので,納得ができません。

 どうしたらよいでしょうか。

結果・回答

 人身傷害保険は,通常の自動車保険(賠償責任保険)に特約としてつけられるものですが,最近では多くの方が付保しています。人身傷害保険の特約がついている場合には,事故の相手に対して賠償請求ができなくても,自身が加入している保険から保険金(約款で定められている限度)が支払われることになり,ひき逃げ等の場合にも一定の補償が得られることになります。

 ご相談のひき逃げ事例でも,この人身傷害保険を使って治療費等の支払を得ています。

 ただし,自身が加入している保険でも,保険会社の判断により治療費等の支払が途中で終了してしまうこともあります。そのような場合には,支払を得られるよう保険会社と交渉をしなければなりません。

 ご相談頂いた事例では,弁護士が依頼を受けて保険会社と交渉をして,治療終了までの治療費等の全額支払を受けることができました。また,慰謝料等も人身傷害保険の基準で支払を受けました。

 

ポイント

 ご自身が加入している保険から支払を受けるべき事案でも,十分な支払が受けられない場合には,弁護士が介入して交渉を進めることで適切な保険金な支払を得られることがあります。

 お困りの方がいたら,ご相談ください。