取扱業務 – 交通事故service

相手の保険会社から提示された示談の金額に納得できない

相談内容

自転車を運転中、自動車にはねられる交通事故の被害に遭った。
治療中は、相手の運転手の加入する自動車保険から治療費が支払われていた。
治療終了後、相手の保険会社から示談の提案が来たが、金額が低く納得ができない
裁判までは起こしたくないが、支払額を増やす方法はないか。

結果・回答

自動車保険の保険会社は通常、保険会社内部の基準により示談の金額を提案してきます。
しかし、その提案額は裁判を起こした場合の支払基準よりも低い額にどどまっていることがほとんどです。

弁護士が依頼を受けた場合には、裁判の場合の支払基準を念頭に保険会社との交渉を行うため、保険会社の提案額を上回る支払が見込まれます。

ご依頼頂いた事例でも、弁護士が関与して賠償額の提案をしたことで、当初の保険会社の提案を大きく上回る金額の賠償が得られました。

ポイント

交渉段階での保険会社の提案額が妥当かというのは,一般の方には判断の難しい点だと思います。
しかし,専門家の弁護士であれば,一定の情報を基に,目安となる金額を示すことができます。
また,相手の保険会社の支払額も,弁護士の関与により変動することが多くあります。
保険会社からの提案金額に納得できない場合には,一度,弁護士に相談することをお勧めします。