取扱業務 – 刑事事件service

千葉県千葉市の弁護士事務所 法律事務所シリウス > 相談事例 > 刑事事件 > 【控訴審での減軽】刑が重すぎるという主張が控訴審で認められ減軽が認められた事案。

【控訴審での減軽】刑が重すぎるという主張が控訴審で認められ減軽が認められた事案。

取扱事案

長期間にわたり国から給付金を騙し取ったという詐欺事件で裁判を受けることになった。
実刑は覚悟しているが,反省しているので,少しでも刑を軽くして欲しい。

結果・回答

第一審から弁護人となり,裁判では,被告人質問や共犯者の証人尋問を通じて,依頼者が事件に関わってしまった経緯や,自らの意思で犯罪から手を引いた事情などを明らかにすることを目指したが,判決では,他の共犯者と同程度の懲役刑の言渡を受けた。依頼者と協議の上で控訴し,控訴審では,第一審判決の不当性を丁寧に主張した。その結果,控訴審は,第一審判決を破棄し(覆し),相当に軽い刑を言い渡しました。