取扱業務 – 刑事事件service

千葉県千葉市の弁護士事務所 法律事務所シリウス > 相談事例 > 刑事事件 > 【認定落ち事案】危険運転致死罪より軽い過失運転致死罪の成立が認められ、執行猶予付の判決となった事例

【認定落ち事案】危険運転致死罪より軽い過失運転致死罪の成立が認められ、執行猶予付の判決となった事例

取扱事案

赤信号を「殊更に無視した」という疑いをかけれらて,危険運転致死罪で起訴され,裁判員裁判を受けることになった。
依頼者は,赤信号をわざと無視した訳ではないことを裁判でわかってもらいたいと希望している。

結果・回答

裁判では,実況見分を担当した捜査官を含む証人尋問や被告人質問を通じて依頼者が赤信号に気付かなかったことを主張しました。その結果,危険運転であったという検察官主張は認められないとして,依頼者の主張通り,過失運転致死罪が成立するに留まるということが認められました。
そのうえで、裁判所は、依頼者が、誠意をもって被害弁償等を行ってきたことや今後の更生が期待できるといった理由から,執行猶予付きの判決を言い渡しました。