取扱業務 – 刑事事件service

千葉県千葉市の弁護士事務所 法律事務所シリウス > 相談事例 > 刑事事件 > 【早期釈放】傷害罪(否認事件)で受任翌日に準抗告が認められ釈放され。その後不起訴処分となった事例。

【早期釈放】傷害罪(否認事件)で受任翌日に準抗告が認められ釈放され。その後不起訴処分となった事例。

取扱事案

他人を殴って怪我をさせたという疑いをかけられて逮捕・勾留されてしまった。
依頼者は相手を殴った記憶はないが,勾留が長引くことは何としても避けて欲しい。

結果・回答

受任後直ちに,本人との接見,家族との面会及び関係者からの事情聴取等を行い,勾留決定の取消を求める準抗告を申し立てました。翌日,裁判所は申立を認めて勾留を取消し,依頼者は釈放されました。釈放後も捜査対応等について助言し,釈放から約一ヵ月後に不起訴処分が決定しました。