取扱業務 – 刑事事件service

否認の傷害事件で目撃者の証言を集め、不起訴を獲得した事件

取扱事案

依頼者は飲食店で他の客とトラブルになって暴行し,相手にけがを負わせたと言うことで逮捕されました。依頼者の方には複数の傷害の前科があったこともあり,形勢は不利でした。

(傷害,不起訴【捜査弁護】)

結果・回答

勾留後依頼を受けた私は依頼された当日に面会し,依頼者の方から詳細に事件時の状況を聞き取りました。その結果,一連のトラブルの目撃者が複数いることがわかりました。

私はその目撃者達とコンタクトをとり,面談の上当時の状況を詳細に聴取いたしました。その結果,依頼者と目撃者達の言っていることが一致し,被疑事実のような暴行はなかったことが明らかになりました。さらに事件が起こった店舗に行って実況見分をした結果,被疑事実のような暴行を行うことは現実的に不可能であることも判明しました。

私は各目撃者から聞き取った内容をまとめた書面と実況見分の結果をまとめた書面を作成し,捜査機関に提出しました。

その結果,不起訴となって,依頼者は釈放されました。