お知らせ・ブログnews & blog

菅野亮弁護士が裁判員裁判についての裁判官とのパネルディスカッションのパネリストを務めました

2017.10.08ブログ

 千葉県弁護士会において,パネルディスカッション「裁判員裁判と公判前手続」が開催されました。

 このパネルディスカッションは,弁護士と裁判官が,それぞれの立場から,裁判員裁判対象事件での公判前整理手続での望ましい活動について議論するものでした。当事務所の菅野亮弁護士は,弁護士側のパネリストとして参加しました。裁判官側のパネリストは,吉村典晃裁判官(横浜地方・家庭裁判所川崎支部長)でした。

 パネルディスカッションでは,具体的な事例を基に,公判前整理手続において弁護人がどのような活動を行うべきか,その活動が公判・評議・判決にどのように影響するかという点が中心に論じられ,弁護士として裁判員裁判の実務を担っていくに当たり,大変参考になるものでした。また,裁判官と弁護人というそれぞれの立場から,見解が一致する点,相違する点が見られ,興味深い議論となりました。

 当日は,多数の弁護士会員だけでなく,千葉地方裁判所の裁判官もかなりの数が傍聴に訪れており,非常に盛況な研修となりました。