お知らせ・ブログnews & blog

『裁判員裁判における弁護活動のあり方』を拝聴して

2014.08.06ブログ

 平成26年7月25日に,千葉県弁護士会主催で稗田雅洋裁判官の講演が開催されました。講演の後には,『裁判員裁判における弁護活動のあり方』に関するパネルディスカッションが行われれ,当事務所の菅野亮弁護士がパネリストとして参加致しました。
 稗田裁判官と菅野弁護士との間で,裁判員裁判においてはどのような弁護活動を行うべきかについて,非常に中身の濃い議論が交わされました。
 裁判官の側からは,一般的に見受けられる弁護人の活動で裁判員が分かりにくいと評価をされる点などにつき,率直に意見が述べられました。
 弁護人の側からは,そのような裁判官側からの指摘を受け止める形で,裁判員裁判において留意すべき具体的ポイントの提言がなされました。
 特に,菅野弁護士が担当した具体的な事件をベースに留意している点を聞くことができ,大変意味のある時間になりました。菅野弁護士が担当した事件を担当した裁判官からも発言があり,実際の弁護活動と裁判所側の評価を聞くことが同時にできたことも参考になりました。
 自分も,今回のパネルディスカッションで得たことを糧に,刑事裁判を担う際には,質の高い弁護活動をしたいと思います。
                                報告者 佐藤 圭