取扱業務 – 高齢者・遺産相続service

遺産分割をどのようにしたらいいでしょうか?

相談内容

先日、父が亡くなりました。
相続人は、母と兄そして弟である私の3人で遺言はないようです。
父の遺産は、自宅である土地・建物(価値は5,000万円)と、預貯金5,000万円です。
法律上どのような遺産分割をすればいいのでしょうか。

結果・回答

まず預貯金について、最高裁判所は遺産分割等を経ることなく当然に法定相続分によって分割されるという考え方を取っています。
そこで、預貯金のうち2,500万円は母親に、1,250万円ずつをあなた方兄弟が取得しすることになります。
但し、相続人同士で協議して別の定めをすることは可能です。

次に土地・建物ですが、法定相続分は預貯金と同様です。
もっとも、母親だけが住んでいるなどの事情がある場合には、母親が相続するという遺産分割協議を行うこともあり得ることだと思います。
法定相続分どおりに遺産分割しなければならないというものではありませんので、相続人同士で合意ができれば母親だけに相続させるような方法もあるでしょう。

土地・建物について法定相続分どおり分割するとすれば、母親2分の1子供ら4分の1ずつという共有名義にするか、土地・建物を売却し売却代金の2分の1を母親に、4分の1を子供らに分割することもあり得ます。