お知らせ・ブログnews & blog

どんな事件について裁判を担当するのですか?

よくあるご質問裁判員制度

殺人傷害致死強盗致死傷危険運転致死現住建造物等放火などの事件です。
また、覚せい剤の密輸事件も対象となります。

千葉県では、この覚せい剤の密輸事件が他の都道府県と比較すると多く審理されることになると思われます。